home
環境関連法の対応について
 
 
グリーン購入法

国の各機関や地方自治体、事業者、国民、製造メーカーのそれぞれが、環境負荷の少ない環境物品 等の調達・推進をすることで、持続可能な社会の構築を目指す。

 
目的
国などの各機関が率先して、環境への負荷が少ない物品(環境物品)の調達を推進していく。 持続可能な社会の構築
製造メーカーなどは、環境物品についての適切な情報提供を行う。
 
しくみ
 

「基本方針」
 の策定

●毎年「調達方針」を作成し、公表。
●調達実績を公表、環境大臣へ報告。(法定義務)
●毎年、「調達方針」を作成。
●調達推進。(努力義務)
●できる限り環境物品等を選択し、購入。(一般的責務)
●環境物品についての適切な情報の提供。
 
資源有効利用促進法(リサイクル法)
金属製家具が「資源有効利用促進法」の「指定省資源化製品」に指定され、新たに設計される、事務机・回転椅子・収納家具及び棚は、リデュース・リサイクルを考慮して設計しなければならなくなりました。トヨスチールは積極的に「資源有効利用促進法」に対応しています。

資源有効利用促進法への対応
 
 
page top