TOYOSTEEL OFFICE FURNITURE CATALOG2018 Vol-51
408/676

表示は税抜価格です。組立、施工費は別途申し請けます。408システム収納家具 クウォールシリーズ 再生材料エコ塗装※一部除く木製天板感震式落下防止バー(RWシリーズ専用) ●ニューグレー●ホワイト●ペールアルダーW900W1800D40052-1672-□ RG4-T90□¥9,200 W900×D400×H20 ◦4㎏52-1671-□ RG4-T180□¥16,200 W1800×D400×H20 ◦8㎏D45052-1365-□ RG45-T90□ ¥9,800 W900×D450×H20 ◦4㎏52-1362-□ RG45-T180□¥18,000 W1800×D450×H20 ◦8㎏D50052-1902-□ RG5-T90□ ¥11,800 W900×D500×H20 ◦5㎏52-1903-□ RG5-T180□ ¥22,000 W1800×D500×H20 ◦10㎏天板/メラミン化粧板20㎜厚、芯材/パーチクルボード、エッジ/硬質ABS樹脂T180CT180WT90CT90WT180PT90P■天板カラーW(ホワイト)-3C(ニューグレー)-1P(ペールアルダー)-2●カウンターや間仕切・窓下収納として地震が起きた時のファイルや書籍の落下による事故からワーカーの安全を確保します。震度4相当の揺れを感震式ユニット内のバランサーが感知、ファイルや書籍が飛び出す前に落下防止バーが作動して人と書籍を災害から守ります。注: 実際の地震では揺れの方向や地震波形など条件により感知の差が生じ、バーが作動しない場合があります。52-2968-0 RW-TUBM ¥13,800感震ユニット/W31×D149×H157、スチール製落下防止バー/L854、スチール P.P.コーティングパイプ◦簡易取付タイプ※ホワイト色のみ、ニューグレー色はありません。●通常時通常時は棚板前に落下防止バーがセットされています。感震式ユニットは棚板と本体内側に挟み込んで固定します。震度4相当の揺れ●作動時作動時は落下防止バーが跳ね上がり、ファイルや書籍などの落下を防ぎます。手動でバーの上げ下げも可能です。※可動棚板にのみ取り付けが可能です。書庫最下部には取付けできません。◦ブックエンド52-1810-0 RG-BO¥1,100 材質/スチール製カラー/ニューグレー追加棚板(スチール製)RWRGW9003列オープン用 P399マジック扉書庫用 P405D400RW52-1642-0 RW4-TT52-2542-0 RW4-TT30 RG52-1676-0 RG4-TT¥3,700 内寸/W895×D325×H15 ◦3㎏¥2,400 内寸/W281×D385×H15 ◦1㎏D450RW52-1424-0 RW45-TT52-2379-0 RW45-TT3052-2380-0 RW45-TTMRG52-1377-0 RG45-TT52-1381-0 RG45-TTM¥3,700 内寸/W895×D375×H15 ◦3㎏¥2,400 内寸/W281×D435×H15 ◦1㎏¥3,600 内寸/W783×D375×H15 ◦2.5㎏D500RW52-1984-0 RW5-TT¥3,700 内寸/W895×D425×H15 ◦3㎏材質/スチール製、付属品/棚受4ヶ付●RG-B4PS 書庫内使用例両開き書庫やオープン書庫で利用できる書庫内プラスチックキャビネットです。A4判1段分をプラスチックキャビネットに変更できるので収納物に合わせて効率よく収納できます。(D400タイプでは、オープン書庫にのみご使用になれます。)仕切板(別売) P403書庫内B4プラスチックキャビネット(W856×D400×H318)RWRG3列深型3段3列浅型2段/深型2段3列浅型6段D400RW52-1847-0 RW-B4PL52-1848-0 RW-B4PC52-1846-0 RW-B4PSRG52-1808-0 RG-B4PL52-1807-0 RG-B4PC52-1809-0 RG-B4PS¥53,100内寸/W258×D368×H77(深) ◦15㎏¥54,100内寸/W258×D368×H35(浅)・77(深) ◦16㎏¥56,800内寸/W258×D368×H35(浅) ◦17㎏◦A4ファイル、B4用紙収納可◦仕切板別売◦A4ファイル、B4用紙収納可◦仕切板別売◦A4ファイル、B4用紙収納可◦仕切板別売2ヶ1組(アンカーボルト付)52-0588-0 TKU-1¥1,900 (2ヶ1組)※床固定との併用をお勧めします。取付方法① 本体天面にハーフパンチ穴を押しあけ、金具をビスで固定。②壁側にアンカーボルトで固定。52-1382-0 RG-YK¥4,000 (4ヶ1組)※壁固定との併用をお勧めします。取付方法①ベースのアジャスターボルトに金具の凹部を掛ける。②床側にアンカーボルトで金具を固定。(アンカーボルトはコンクリート用)●壁固定金具(収納庫と壁を金具で固定します。)●床固定金具(床とベースを金具で固定します。)■ご注意(転倒防止について)基本施工として◦必ずベースを使用し、水平にアジャストします。◦ 本体の上下・左右を連結・固定します。さらに、次の方法でより転倒防止機能が向上します。◦ 転倒防止金具を使用し、壁に固定。(床固定との併用をお勧めします)◦ 上部カバーを使用し、天井とのすき間をなくし、収納家具を支えます。(4ヶ1組)アンカーボルトハーフパンチL 字金具ボルト収納庫ナット床固定金具ベースアンカーボルトオープン書庫、両開き書庫内で利用できるプラスチックキャビネット※D500にはニューグレー色はありません収納家具の転倒防止

元のページ  ../index.html#408

このブックを見る