TOYOSTEEL OFFICE FURNITURE CATALOG2018 Vol-51
150/676

セイルチェアの特徴イブ・ベアールDesigner12345セイルチェア■仕様調節機能80-7020-0TAS-9112¥81,000 シート:ルージュサスペンションバック(背):レッドアームフィニッシュ:マルベリー●フォグベース・ホワイトフレーム80-7022-0TAS-9106¥81,000シート:プールサスペンションバック(背):ベリーブルーアームフィニッシュ:トワイライト●フォグベース・ホワイトフレーム80-7019-0TAS-9115¥70,000 シート:ノアールサスペンションバック(背):ブラックアームフィニッシュ:ブラック●ブラックベース・ブラックフレーム80-7021-0TAS-9108¥81,000シート:アボカドサスペンションバック(背):グリーンアップルアームフィニッシュ:スプルース●フォグベース・ホワイトフレーム■カラー●サスペンションバックカラー●シートカラーブラック(BK)ノアール(9115)レッド(RO)ルージュ(9112)グリーンアップル(79)アボカド(9108)ベリーブルー(3M)プール(9106)フレームのないサスペンションバック吊り橋の原理から生まれたフレームのない全面サスペンション。背もたれは、3Dインテリジェントサスペンションを採用。2つのヒンジポイント胸部から腰部、腰部から仙骨へと移行する部分にある「ヒンジポイント」によって、座る人それぞれの体型や動きに合わせて適切にサポート。骨盤を支えるポスチャーフィットも組み込まれています。Yタワー構造独自のYタワー構造によって、背もたれ全体が脊柱のカーブに合わせてしなり、体をサポートします。リクライニングした状態でレバーを下げると、シートを約5度前傾ポジションに設定できます。背もたれによりかからないで、レバーを操作し、範囲設定を2段階の中から選択できます。座った状態でノブを前方に回すとリクライニングが硬くなり、後方に回すと柔らかくなります。高くする時は、レバーを上げながらアームを少しずつ上げます。低くする時は、レバーを上げながらアームを少しずつ下げます。レバーを外側に引きながら、座面の奥行を長くする時は太ももを前にスライドさせ、奥行を短くする時は座面を後退させレバーを離します。上げるときはシートに体重をかけずに、下げるときはシートに体重をかけて、レバーを引き上げます。シート高さ(ガス圧式)前傾チルト設定座面の奥行アームの高さ調節リクライニングの範囲設定 6 リクライニングの硬さ調節 622500882~997406~521背/熱可塑性ポリウレタン、ナイロン樹脂座/P.P.樹脂成型品、ウレタンフォームクッション脚/ナイロン樹脂、アルミニウム、  ナイロン双輪キャスターP147構造体、機構部、可動部12年間ガス圧シリンダー2年間(ハーマンミラー社の保証 規定に準じます)表示は税抜価格です。150 背・座連動ロッキング 2ポジションロッキング ロッキング強弱調節 座前傾調節

元のページ  ../index.html#150

このブックを見る